ツマズキノイシ

tsumazuki no ishi

1990年、劇団ランプティパンプティ解散後、寺十吾・木立隆雅(現・釈八子)・宇鉄菊三のメンバーを中心にプロデュース集団 tsumazuki no ishiを結成。「『tsumazuki no ishi』は、集団の名前ではなく、場所の名前である」をコンセプトに、其の場所に集まった様々なジャンルのアーティスト達とのコラボレーションを軸に活動を始める。

1992年、猫田直をメンバーに迎え、劇団「tsumazuki no ishi」を旗揚げ。1998年から2年間の劇団活動休止を経て、2001年、謎の新人作家としてスエヒロケイスケが参加し、劇団活動を再開した。以降、年間1~2本のペースで公演を行っている。東京を拠点に活動。

スエヒロの描く世界は、舞台が閉じ込められた空間であることを大きく意識し、限定された空間に生きる人たちの間に生まれる人間性と人間関係、そしてそこで発せられる台詞が空間の更なる緊張感を作り出す。 舞台でしかありえない世界観を描き出すスエヒロケイスケと、舞台を最高の遊び場とする寺十吾の演出、そしてその空間にしっくりと馴染む住人となる役者たち。そこには現代社会の最大の問題ともいえるデスコミュニケーションをデフォルメした、様々な人間関係が描かれている。

角田光代コメント

次回公演

pic_stage01

tsumazuki no ishi X 少年王者舘「寝覚町の旦那のオモチャ」

2014年8月22日(金)~9月1日(月)
@下北沢 ザ・スズナリ

【作】スエヒロケイスケ
【構成・演出】天野天街

【出演】
寺十吾/釈八子/宇鉄菊三/猫田直/竹下カオリ
松原正隆/佐藤健(以上 tsumazuki no ishi)

夕沈/中村榮美子/山本亜手子/小林夢二/宮璃アリ(以上、少年王者舘) 

メンバー

ブログ

一覧を見る

お知らせ

2014.08.22
ツイッターでの予約について
2014.08.19
新聞掲載について

tsumzuki no ishi Twitter